INKBIRD社製の温湿度計をレビュー!文鳥の飼育にも適しています

URLをコピーする
URLをコピーしました!
飼い主ひろろ

実家とあわせて計16羽の文鳥を飼っている飼い主のひろろです。
Instagramでは文鳥たちの写真をUPしていますので、お気軽にフォローしてくださいね♪
もっと詳しい飼い主と文鳥たちのプロフィールはこちら

今回はこちらの「スマホから確認できる温湿度計」をレビューしていきます。

  • 夜中に適正温度(湿度)に保たれているか不安で見に行き、よく文鳥を起こしてしまう・・・
  • 100均などの温度計だと細かい温度が分からない・・・

こんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

文鳥はとても温度と湿度に敏感です。しっかりと部屋の温湿度を管理してあげましょう!

目次

INKBIRD社製の温湿度計の良いところ!

こちらの温湿度計、画面に温度や湿度が表示されず、スマホから確認できるものなんです。

スマホで確認できるメリット

  • 夜中に布団に入った状態でも、スマホから温度・湿度を確認することができる
  • アラームで設定温度以上(以下)になるとスマホに通知でお知らせ
  • 過去の温度と湿度をグラフ表示でまとめてくれる

とにかく私が文鳥の飼育で心配しているのが、温度と湿度の管理。

特に、夜に文鳥が眠ったあと、「寒くないか?暑くないか?湿度が低すぎないか?」など不安になって、何度もケージ周りを確認することがストレスになっていました。

もちろん、ケージ周りを確認することで文鳥も起きてしまうため、文鳥にもストレスがかかっていたと思います・・・。

シルちゃん

この温湿度計なら、もう何回も起こされずに済むッピ!!

飼い主ひろろ

やっとこの思いから開放されました!もっと早く買っておけば良かった〜!
設定温度から外れると、スマホに通知が来るのもありがたいですね!

商品の開封〜電池を入れて設置するところまで

ここからは、この商品の設定を説明していきます。とても簡単なので安心してくださいね。

こちらがINKBIRD社製の温湿度計です。パッケージもシンプルで交換が持てますね。

小さなドライバーも付属しているので、電池を入れるときにも安心です!

本体裏側のネジを付属のドライバーで開けたところです。

電池を入れたらしっかりと締めましょう。

単4電池を2本入れるのですが、別途用意する必要があるのでご注意ください。

文鳥のケージ周りに置いて使用します。シンプルな外見で、インテリア性も損なわないのも良いですね!

設置するときは、なるべくヒーターなどの空調と近づけないことをおすすめします。

ヒーターに近づけるほど「高温度を認識」してしまうため、ヒーターから離れた場所が低温になっていることに気が付きにくくなってしまいます。設置場所に、注意してくださいね。

スマホでの設定

スマホで下記のアプリをダウンロードします。

Engbird

Engbird

Shenzhen Inkbird Technology Co. Ltd無料posted withアプリーチ

ダウンロードしたら、早速アプリを開いて以下の設定をしていきます。

STEP
Add Sensorから、下にあるアイコン「Pet」を選択し、右上にあるDoneをタップしましょう。

こちらはどのアイコンを選んでも大丈夫ですが、アイコンがあとから変更できなかったので好きなアイコンを選ぶようにしてみてください。

STEP
Home画面の左上にある歯車マークから、Languageを日本語にしましょう。

日本語にも対応しているので安心してくださいね!

STEP
Home画面の「設定」から、アラームを設定しましょう。

設定をタップすると一番下にアラームという項目があるので設定しましょう。設定した温度以下(以上)になると、スマホに通知でお知らせしてくれます!

アラームにチェックを入れることをお忘れなく!

飼い主ひろろ

スマホに通知来ないよ!という方は、スマホ側の通知設定を確認してみてくださいね。

スマホから温度・湿度をチェックする

こちらがスマホアプリから確認できる温度と湿度計になります。

シンプルな温度計ですが、きちんと小数点以下も表示されているのでとても便利ですよね!

飼い主ひろろ

100均の温度計だと小数点とか分からないので、これはめっちゃ便利〜!

「グラフ」画面にすると、「年/月/週/日」の折れ線グラフで確認することができ、温度や湿度に急激な変化がないかなどをチェックすることができますよ!

まとめ

文鳥はとにかく寒さに弱い小鳥です。温度・湿度は必ず気を使ってあげてくださいね!

飼い主ひろろ

私はとても暑がりなため、夏場はクーラーを入れるので、部屋が寒すぎていないか不安でした。
また、冬場でもきちんとヒーターが稼働しているかどうか不安で、夜中に何度も飛び起きてケージを確認しに行っていました・・・

こちらの温湿度計なら、布団の中からでも温度と湿度をスマホでチェックできるので、今では文鳥を起こしてしまうこともなくなりましたし、文鳥も人間も安心して眠ることができています♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

飼い主ひろろのアバター 飼い主ひろろ 文鳥飼育歴5年

文鳥を飼っている飼い主ひろろと申します。
実家とあわせて計16羽の文鳥がおり、文鳥専用の部屋を外注するなど家族揃っての文鳥好き。
文鳥中心の生活で得た知識を、このブログでまとめていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる