文鳥の特性

妻を亡くした文鳥のその後

飼い主

こんにちは〜!飼い主です。

実家にいる「ぷんちゃん」(♂・シナモン)は、今年に入ってピーちゃんという桜文鳥の妻を亡くしてしまった文鳥。

夫婦文鳥の片方が亡くなると?文鳥には仲間の死が理解できるか考えてみた 実家にいる文鳥のうち、2羽が今年に入って亡くなってしまいました。 一羽は「2代目ピーちゃん」(桜文鳥)。両親が最も可愛がって...

ピーちゃんが亡くなってからは何度か、探し回ったり、元気がなくなったりしていました。

そんなぷんちゃんのその後をご報告しますね!

妻を亡くした夫は・・・

ぷんちゃん♂

妻であるピーちゃんを亡くしたぷんちゃんが、その後とった行動は以下のとおり。

  • たまにピーちゃんがいた母親の服のところを探す
  • 文鳥部屋の中をチェックする
  • ピーちゃんのお墓(プランター葬)に近づく

いつもピーちゃんの後ろを追っかけ回し、一緒に巣箱に入ってぬくぬくしていたぷんちゃん。その印象が強かったためか、ピーちゃんがいなくなってからは、ひとりぼっちでションボリしているように見えました。

新入りのコナちゃんがやってきて・・・

新入りのコナちゃん(♀・白文鳥)は、実家に迎え入れたときからすでに成鳥。何歳かはちょっと不明です。

実家に新入り文鳥!マイナーなペットショップから救う?! 実家に新しい文鳥が2羽、やってきました! 今年に入って、実家にいた最愛の文鳥ピーちゃんとチャー坊が亡くなってしまいました。 ...

やっぱり成鳥なのであんまり人間には懐きませんが、たまに頭や腕に乗ってきたり人間に近づいてきたりはします。なので、「人間に対し恐怖感ありあり!」というまでではないんですね。

そんなコナちゃん、逃げ足も軽やかなのでなかなか写真におさめることが難しかったのですが、最近ようやく撮影できました。(遠目ですが・・)

実家の文鳥部屋の手前(くつろぎスペースです)

とまり木タワーに止まっている白い文鳥が、コナちゃんです。その奥の箱に入っているのがぷんちゃん。

(ちなみに奥の奥に若干見切れている?のは、ツーちゃん♀クリームですw)

このコナちゃんですが、人間よりも早くぷんちゃんに懐いてしまったようです。

ペットショップにいるときから別の文鳥と相部屋だったコナちゃん。人間よりも文鳥と一緒にいるほうが落ち着くのでしょうね。

ぷんちゃんとコナの相性はgood?

左がコナ、右がぷん(寝てます)

コナはぷんちゃんを慕っているかのようにくっついて周り、ぷんもどことなく嬉しそう?逃げ回って嫌な雰囲気ではないことは確かです^^

しばらくすると、ぷんとコナはセットなのねというくらい、いつも一緒にくっついているようになりました。

ぷんの傷は癒えたのかな?

寝るコナと、羽根づくろいするぷん

ピーちゃんを亡くし、どことなく哀愁が漂っていたぷんちゃんですが、コナちゃんが来たことによってどことなく元気が戻ったようにも見えます。

飼い主

やっぱり文鳥はペアがいいのかな?

もともと一匹飼いしているのなら寂しさも感じないのかもしれませんが、ペアになってから死に別れると、寂しさは倍増ですよね・・。

お腹に羽根づくろいの穴が空いているぷんw

少しでもぷんの心がコナちゃんによって温まるといいんですけどね^^

パートナーを亡くして寂しがっている子には、新しい子を検討するのもあながち間違いではないのかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です