文鳥のモノをDIY

障害のある文鳥専用のケージに夜用カバーをご用意

桜文鳥のソラくんは障害もち。我が家にやってきて2日目です。

詳しくは下記をご覧下さいね~。

障害のある桜文鳥のソラくんが我が家へお泊りに来ました 実家にいる桜文鳥のソラくんが、我が家にお泊りに来ました! 我が家にいるシルちゃんとは同じ日付にうまれた、紛れもなく兄弟。久々...

そんなソラくんはケージも特性。しかし、夜用のケージカバーが無くて困っていました。

今回はケージカバーをダイソーで買ったフェルトで200円で作成!しかも、裁縫が不得意な私が全く縫うことなく、即席で作りました。

とりあえず真っ暗にしないと光が漏れて、文鳥が夜落ち着かないのは可哀想なので。
お急ぎで作った割にはかなり使えます!

ダイソーのフェルトが使える!

http://natsutam.life/2019/09/27/post-33/ より転用

ダイソーで黒いフェルトを購入してみました。大きさは60x70cmあり、2枚買えば120x140cmにもなります。2枚買っても、値段はたったの200円。

4枚買ったけど2枚で十分でした

作り方は超簡単。縫いもしない!

画像のように2枚のフェルトを縫い合わせ・・・ていません。使ったのはこちら。

「協力布用両面テープ」です。たっぷり4メートル分で100円。こちらもダイソーに売ってます。去年使ったのが家に余ってましたw

なんとこちら、布に貼れる両面テープ。これで縫わなくても布同士がくっつけられるシロモノ。お裁縫苦手な方や、ミシンのない方にぴったりですね。

作り方は簡単。まず2枚の布を貼り合わせ、四隅を切り落とします。

四隅を切り取った布が4枚余るので、それを不足しているところ(高さ)に貼り合わせます。

布テープは細かく切って貼っていきます。なるべく隙間なく貼り付けたほうが良さそう。(隙間があると光が漏れるので)

この布テープ、台紙から剥がしにくいのですがちょっとしたコツ。テープの台紙を無理に剥がそうとせず、逆に布のほうを剥がすようにするとすんなりはがせます!

貼り付けるとこんな感じ

図の通りに貼り付けていくと、あっという間に完成します。

即席ケージカバーの完成〜!

あとは真ん中に合わせて折り目をアイロンでつけて、完成!

出来上がり!

横から見た図
正面
角っこも上手くいきました
シルちゃんケージと並べて

↑こちらは夜に撮影。ちゃんと2匹とも眠ってくれているようです!

遮光性はどう?

中は真っ暗

黒いフェルトにしたからか、見た目はあまり良くないけど遮光性はバツグン。

中は真っ暗です。フェルトの素材を調べてみると、こんな内容。

フェルト(不織布)は通気性・吸水(吸油)性に優れ又、軽量で柔軟性に豊み製造方法によって密度・硬軟・厚み等を自由に作成することができます。 … 不織布は吸音性に優れ、自動車や掃除機などの吸音材に使われています。 また、その構造上振動吸収にも効果的です。

http://www.ethososaka.co.jp/tokucyou%20.html

通気性もよく吸音性もあるので、夜用のケージカバーに向いてますね!冬場も暖かく使えると思います。

まとめ

たった200円で遮光性のある夜用のケージカバーを作ることが出来ました。

ケージは手作りなのでさすがにホーエイさんなどのカバーは合いません。合わないのなら手作りするしかないですからね。

ダイソーのフェルト2枚と、強力布用両面テープを使えば縫うこともなく簡単に出来ます。

とりあえずの間に合わせで作りましたが、便利なのでしばらく使っていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です