シルちゃん成長日記

ダークシルバー文鳥のシルちゃんの記録【実家から我が家にやってくるまで】

飼い主

こんにちは〜!
ダークシルバーの文鳥「シルちゃん」を飼っている飼い主です

ダークシルバーのシルちゃんは、2020年1月24日うまれ。実家にいるシロちゃんと、亡くなったチャー坊の子供です。

シロちゃんは左上、チャー坊は右下あたりにいます

ライトシルバーとクリーム文鳥の子供なのですが、まだシルちゃんは3ヶ月ほどなので、柄がまだはっきりと分かっていません。

ライトシルバーのシロを迎えたときも生後3ヶ月くらいだったと思いますが、ほとんど真っ白だったので、今のシルちゃんとは違います。なので、ダークシルバーになるのでは?と推測しています。

そんなシルちゃんですが、もともと実家でうまれ、そのまま実家でしばらく育ってきました。

左がシルちゃん

ヒナの頃から挿し餌はしていたものの、飛べるようになる頃には年上の「クキ」と仲良しになり、つるむように・・・。

文鳥は文鳥同士でつるんでしまうと、なかなか手乗りになってくれなくなります。

人間と一緒に長い時間いることで、「人間の仲間なんだ!」と認識するのか、もしくは今回のように文鳥たちとつるんでしまって、「自分は鳥なんだ!」と認識するのかで変わってきます。

飼い主

ただやっぱり、人間慣れしてほしいっていうところもありました。

なので、実家から我が家(団地に住んでいます。小鳥や小動物のみ飼育OK)へ引き取ることに決めました。

その時に使用したケージが、3種類。つまりシルちゃんは3回もお引越しすることになってしまったんですね・・。

1つ目はなんと手作りケージです。

手作りケージについては、別記事にて作り方など紹介したいと思います。

ただこの手作りケージはもともと障害のあるソラ(桜文鳥)のために作ったものなので、健常鳥のシルちゃんにとってはちょっと使いづらかったのです。

ですので、買い替えました。

そして最近は理由あって、実家のケージと取り替えることとなり・・・計3回のケージ交換となったシルちゃんでした。

  1. ダイソーのバーベキューグリル網で作ったケージ
  2. クオリス BIRD CAGE Q-101
  3. マルカン バードパレスパーム ピンク (幅40×奥行き30×高さ46cm)

次回はダイソーのバーベキューグリル網を使った簡易文鳥ケージの作り方を書いていきます。

飼い主

それではまた〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です